イギリス人スピリチュアルカウンセラー ジェニファー・マッケンジーとより幸せな生き方を学ぶブログです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
オールドソウル(古い魂)
前にも少し書きましたが、私たち夫婦が見てもらうスピリチュアルカウンセラーが二人います。一人は当然ながらジェニファー。そして、もう一人はロンドンのSAGB(英国スピリチュアリスト協会)に時々来られる男性のカウンセラーです。どちらも、私たち二人がSAGBで見てもらった最初のカウンセラーなのですが、幸運にもとても素晴らしいサイキック能力があるかたと巡り合えたので、それ以来ずっとお二人のどちらかにカウンセリングを時々受けています。

ジェニファーは、電話でもカウンセリングをしてくれるのですが、実のところ、この一カ月近く休暇を取っていました。そんなところ、主人のロンドン出張があり、たまたま滞在時にこの男性の方がいらっしゃったので、予約をして見てもらった次第です。

30分と決められた時間の中で、今回も仕事やプライベートに関する様々なメッセージを頂きました。その中でいちばん興味深かったのは、2歳5カ月になる息子のこと。見て頂いたカウンセラーによると、うちの息子はオールドソウル(古い魂)らしいのです。実は、ジェニファーはうちの息子にも会っていますが、似たようなことを言われたことを思い出しました。「この子は物事を知っていて、なんでもやっていってしまう。それにとてもスピリチュアルな子よ。」

オールドソウルというのは、言葉の意味そのもので、古い魂ということです。つまり輪廻転生をたくさん繰り返し、学びの多い、進化した魂を持っている人を指します。この世の中には、80歳の体を持った若い魂もいますが、子供の体をもった年老いた魂もいます。しっかりした子供がいる一方、子供のような大人がいるのはそれ故です。

カウンセラーによると、息子は私たちにいろいろと教えてくれているようです。どの親でもそうだと思いますが、子供を育てながら、子供に教わることは多いものです。子供ができてから、私たちもいろいろなことを学びました。子供に親にしてもらっている、といったほうがいいかもしれませんね。

私たち夫婦は、子供が生まれる前に、スピリチュアル・カウンセラーや書籍を通じ、ある程度スピリチュアリズムに関する知識を得ていたので、子供を単に子供と見なさず、一人の個体として敬意を持って接しているつもりです。体は私たちのDNAで作られていますが、魂は別。それぞれの魂は、人生の青写真と目的を持って親を選んできますから、子供の資質を見抜き、良いところは伸ばし、社会的ルールを教え、子供の目的が達成されるように導くのが親の役目だと思っています。子供には子供の人生があります。

オールドソウルに関連して、以前「進化した魂を持った子供たち」という記事をジェニファーが書いていますので、それをご参照くださいね。

応援クリックをしていっていただけると嬉しいです。(ブログ管理人より)

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 幸せのスピリチュアル・レッスン . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。