FC2ブログ
イギリス人スピリチュアルカウンセラー ジェニファー・マッケンジーとより幸せな生き方を学ぶブログです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
地球環境と人口増加
今日は、匿名さんから頂いた地球と人口増加に関する質問にジェニファーが答えます。

<質問内容>

今現在、人間の数はありえない程 増えており、生物学的にはかなり奇妙な状態だと思います。
人間の数が増えるにつれて、食料のニーズに対応できなくなったり、また、自然の循環では間に合わないほど資源を貪る規模もでかくなってます。

医療は素晴らしいほど発達してきていますが、そのせいでそして、高齢化が進み、人類の新陳代謝も悪くなっている状態です。

人間は地球の癌細胞のようです。

エコなどを掲げるより、徐々に人間の数を自然と共存できるぐまいまで減少させる努力を行ったほうがいいと思います。

自然と共存していくためには人間の数を減少させる必要があると思うのですが、高次の意識体はそういう問題に対してどのように考えているのでしょうか?


<ジェニファーの回答>

人口が増えるほど、宇宙のバランスをとるために様々な災害、惨事が起こります。

スピリットによると、現状は常に十分な状態である、と伝えてきています。なので、どうかパニックしないでください。

子供の生まれる数を制限している多くの国がある一方で、例えばノルウェーなど他諸国ではこれとまったく別の政策をとっています。

地球のエネルギーは、今変わろうとしています。おそらくもっと何らかの災害、惨事が起こるでしょう。しかし、またそのうちに均衡を保つようになります。

そして世界は、物質主義から精神的成長の世の中に変わっていくのです。

 

by ジェニファー・マッケンジー




応援クリックしていただけると嬉しいです。(ブログ管理人より)


ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

スポンサーサイト
page top
不妊治療とリラックス法
以前、「不妊にお悩みの方へ」というタイトルで記事を書いたことがありますが、今日は、不妊治療をされているブルーグラスさんからの質問です。


<質問内容>

不妊治療をしていると、体と心をリラックスするのはかなり難しいと思います。治療を進めていけばいくほど、心の中で強く願ってしまうものかもしれませんよね。逆に言うと「子供が欲しい」という思いがなければ、不妊治療をできないように感じます。

ジェニーさんに質問があります。

(1) 実際治療中にどのように体をリラックスの状態に持っていけるのでしょうか。どのように自分の中で強く願わないようにすればいいのでしょうか?

(2) 自分自身で子供を持たない選択をしてこの世に生まれてきたかどうか、自分で知ることはできないですか?もしそれがわかったら、辛い思いや金銭的・体力的な負担をなしに、子供のいない未来を考えることができるような気がします。

(3) 不妊治療をして子供を授かる人、自然妊娠で子供を授かる人にはスピリチュアル的に見て、どう人間が違うのでしょうか。


<ジェニファーの回答>

(1) まだ日本語では作っていないのですが、私の最近のCD、”You are never alone” を聞きながら瞑想によるリラックスを試みたり、また、催眠療法によるリラックスゼーションを取り入れてもいいでしょう。

(2) 自分自身でストレスを与えることを止めれば、あなただったら一度は妊娠すると感じるのですけれどね・・・。よく子供を養子に迎えたら自然妊娠した、等という話をききませんか?自分自身が満たされ、ストレスが無くなると妊娠するのですよ。

(3) スピリチュアル的には、何の違いもありません。

 

by ジェニファー・マッケンジー




応援クリックしていただけると嬉しいです。(ブログ管理人より)


ブログランキング・にほんブログ村へ  

 



page top
子育てで大切なこと
うしうしさんからの育児に関する質問の回答です。

<質問内容>

青少年の犯罪、お友達を傷つけてしまったり、自分の家族を殺めてしまうなど、悲しい事件を ニュースでたびたび目にします。
2歳の子供を持つ親として、自分の子供が将来被害者になるのも、もちろん加害者になってしまうことがあっては ならないと思います。
いい表現が出来ませんが、そうならない為の育児とはどうしたらよいのでしょうか。

<ジェニファーの回答>

子供の中に宿る魂が、生まれる前に決めてきた境遇や事の次第は、私たちは変えようがありません。それがよい状況であれ、悪い状況であれ、一つ一つがその魂の学びなのです。

ただ、子育てで大切なことをお話ししましょう。

子供を無条件の愛を持って育てること。そして、出来るだけ笑いと楽しみの多い家庭にすることです。また、何を子供がしても、そして何が子供に起ころうとも、子供が無条件に愛されているということを感じることのできる家庭にするべきです。

子供を成長させ、自分で自分の人生を見つけられるようにすること。子供にべったりくっついて、いつも毛布でくるみ守るばかりではいけません。とはいっても、子供に安全で、いたわる場所を与えるという普通のことをしてはいけないということではありません。

子供には、子供の人生があるのです。親は、子供がこうすべきだとか、こうあるべきだと考えてはいけません。これは、子供が大きくなったとき、特に重要です。もし、子供が絵を描くのが好きならば、子供を銀行員にさせたり、また家業を継がせようとすべきではありません。

子供の能力が最高に発揮できる人生を歩ませることです。親は後ろでじっと見守り、子供を助ける役割を担うことが大切なのです。

 

by ジェニファー・マッケンジー




応援クリックしていただけると嬉しいです。(ブログ管理人より)


ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

© 幸せのスピリチュアル・レッスン . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。