イギリス人スピリチュアルカウンセラー ジェニファー・マッケンジーとより幸せな生き方を学ぶブログです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
魂は覚えている
ジェニファーの「誰の生まれ変わり? その1」と「誰の生まれ変わり? その2」の話に関連して、少し補足説明をしたいと思います。

まず、私を形作っている肉体は生命の限界がありますが、魂は永遠です。私たちは、この世に生まれることによっていろいろな経験をし、その経験により魂を磨いていきます。私たちがこの世に生まれてこようと決意するとき、魂は自分が何をこの世で経験すれば、自身の向上になるかを理解しています。子供は親を選んで生まれてくる、といいますが、どういう容姿で、どこの環境で生まれてくればもっとも効果的に学べるかを魂は知っているのです。

魂の向上には限りはありません。なので、私たちがこの世に生まれるのは一度ではありません。人により何度も生まれ変わっている人もあれば、逆にこの世が初めてという人もいて、この世の中は様々な魂のレベルの人々がいます。だからこそ、物質的な世の中であることに加え、この世の中で生きていくのが大変な一つの理由でもあります。

過去生の経験は、この世に生を受けた段階で忘れるようにできています。でも、魂の経験は時に身体の不調を訴えることがあります。今回のアンネ・フランクの例がそうです。かなり精神的なダメージを受けると、トラウマのようにそれが残ることがあるようです。アンネ・フランクの生まれ変わりの少女が聞いた兵隊の更新の足音、また戦争の悪夢をみる等がそうです。

アンネ・フランクの例とは別に、こういった例もあります。

・生まれつき、なぜか知らないけれど水が怖い。(過去生で水にまつわる事故にあった可能性)
・狭い空間が異常に怖い(過去生で閉じ込められた経験のある可能性)
・医学的にわからない体の痛み(過去生で受けたことのある怪我や傷の可能性)

もちろん全てのこういった現象が、過去生によるものだというわけではありませんが、医者に行っても悪いところが見つからず、心因的要因だと判断されたような場合、退行睡眠を受け過去の自分を見つめると原因がわかることがあります。

原因がわかると、あとは今回は違う生であることを理解すると、こういった身体不調がうそのように消えていくのです。

前世と退行睡眠治療については、とっても良い本がありますので、次回ご紹介したいと思います。

応援クリックをしていっていただけると嬉しいです。(ブログ管理人より)

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

スポンサーサイト
page top
誰の生まれ変わり? その2
修理に出していたパソコンですが、ハードディスクが壊れており、7万円もかかるとの見積もりがありました。心臓部分が壊れているので、仕方がない値段ですね。でも、落としたりしたことはなかったのですよ。それにこのパソコン、ちなみにパナソニックのレッツノートなんですが、3年位前に買ったもので、結構高かったんです。

最近は7万円くらい出せば新しいパソコンを買うこともできるので、とりあえず修理はしないことにして、新しいパソコンを買う方向で検討しています。

最近、電化製品が次から次へと寿命が近づき、買い替えのラッシュが続いています。



さて、前置きは置いておいて、前回の続きです。

ジェニファーが退行睡眠をかけた際、少女が話した過去生の人物とは・・・・・






そう、アンナ・フランクだったのです。

過去生をたどっている時、私は少女に過去はもう終わったと、アンナの父親の霊も呼び、愛情を持って話しかけました。

退行睡眠が終わると、私はアンネ・フランクの日記を読んだことがあるか、と少女に尋ねました。少女は、読んだことがないといいます。しかも、アンネ・フランクという名前さえ知らないと言いました。

少女の母は、少女が「彼女(アンネ・フランク)は、ホニカキャンドル(ユダヤ特有のろうそく)を好み、そしてユダヤ人の男性に引かれた。」と話したことに大変驚いていました。何故なら、少女自身がアンネ・フランクと同じ嗜好があり、少女もまた日記をいつも書いていたからです。

それから何日か経って、少女の母から電話がきました。帰宅後、一つ不思議なことがあったといいます。

退行睡眠セッションを受けた後、自宅に戻ると少女の寝室のドアが固まったように開かなくなっていたそうです。なんとか力いっぱいドアを開けると、カーペットに深くはめ込まれたコインがあったそうです。部屋は外出前にきれいに掃除されていたので、コインが前からあったとは考えられません。

そしてコインを良く見ると・・・・

アムステルダム、でアンナ・フランクがまさに牢獄に入れられた日付が刻印されているオランダ金貨だったそうです。

少女は、その後は悪夢にうなされることもなく、とても幸せに暮らしています。

 

by ジェニファー・マッケンジー



いかがでしたか?過去生と退行催眠のお話。おもしろかったら、クリックしていってくださいね。(ブログ管理人より)
ブログランキング・にほんブログ村へ  

 


page top
誰の生まれ変わり? その1
少々ブログの更新が遅れて、申し訳ありません。というのも、いつも愛用していたラップトップのパソコンが立ち上がらなくなり、10日ほど前から修理に出しています。

このパソコンには、ジェニファーからのメールのやり取りから、最近の仕事のデータなど、すべてはいっていたのですが、バックアップを取っていなかったから大変です。

今回の記事の更新にあたり、予め送ってもらっていたメールもないので、再度ジェニファーに送ってもらった次第です。でも、この先アップする記事もあったのですが、ジェニファーも一部削除してしまったようで、ラップトップが無事修理を終えて帰ってくるのを待つのみです。

ラップトップの故障のことをジェニファーに告げた際、私がいわれたこと。

「ひょっとして、"パソコンから離れ休みなさい。”っていうメッセージかも。」

確かに・・・。最近忙しくて、疲れがたまって、パソコンをずっとみているせいで、頭も痛かったので、そうかもしれません。

ジェニファーの記事は一週間に一度、そしてその合間にも、私の「ブログ編集人のつぶやき」ってことで、記事をアップしていこうと計画していましたが、ちょっとリラックスしてゆっくりと進めていきたいと思います。

どうぞそんなスローなブログにお付き合いくださいませ。


さて、今週のジェニファーの記事は、彼女がカウンセリングした少女についてです。下の記事をどうぞ↓





ある日、16歳になる、とても可愛らしいブロンドの髪をした少女が、母に連れられて私のもとに来ました。

その母によると、娘が戦争のひどい悪夢を見るというのです。そして、自分の父親は、本当の父ではないと思っており、頻繁に兵隊の行進する足音等も聞こえるといいます。

私は、退行催眠により彼女の過去生を辿ってみることにしました。すぐに彼女は、アムステルダムの運河に近い牢獄にいると話し出しました。第2次世界大戦時のようで、自分の名はアンナであるといいました。

彼女と彼女の家族は、イスラエル人でした。日記を書いていたと言います。少女は、アンナとあんなの父親について、すべて語りました。

この少女が語った彼女とは・・・・・・



 

by ジェニファー・マッケンジー



すみません。次回完結させます。続きが読みたい方は、クリックしていってくださいね。(ブログ管理人より)
ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

page top
スピリットガイドからのメッセージ
スピリットガイドは、誰にでも付いていて、あなたを暖かく見守っています。スピリットガイドは、一人とは限りません。2人いる場合もあれば、3人ついている場合もあります。

スピリットガイドは、そのときのあなたの状況に応じて入れ替わることがあります。つまり、例えばあなたに3人のスピリットガイドが付いていたとして、その3人がこの先ずっとあなたに付いているとは限らないのです。

でも、必ず一人、門番のような役割のスピリットガイドがいて、あなたが生まれてから死ぬまでずっと一緒にいます。

スピリットガイドは常にあなたを見守っていて、あなたにメッセージを発しています。ほとんどは思考の形で入ってきます。

例えば、あなたが差路に差し掛かったとき、本来ならば左に進まなければいけないのに、なんとなく右に進んだら、事故を免れた。

また、誰かのことを考えていたら、突然電話がなり、受話器を取ってみたらその思っていた人だった。

こんな経験を皆さんもしたことがあるでしょう。なんとなくそんな気がして・・・、というフィーリングこそがスピリットガイドから発せられたメッセージなのです。

家を慌てて出たところ、何かを忘れたことに気が付いた。
  ⇒ 「落ち着いて、ゆっくり」というメッセージかもしれません。

新しい人に会って、なんとなく知っている気がして、話してみたい気持ちになった。
  ⇒ 話してみましょう。なにかあるかもしれません。

瞑想してみましょう。そうすれば、かならずあなたのスピリットガイドにコンタクトが取れるはずです。

 

by ジェニファー・マッケンジー



できるだけ沢山の方に読んで頂きたいため、ランキングに参加しています。クリック毎にランキングがあがり、より多くの方に見て頂けるので、是非ともご協力お願いします。(ブログ管理人より)
ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

page top
ジェニファー 来日の予感・・・
昨日、クリスマス&年始の休暇から戻ってきたジェニファーから、メールの連絡がありました。年賀状代わりのメールを家族の写真付きで送ったのですが、それに対するお礼の返事でした。

その返事の終わりには、こんな事が書いてありました。

「今年の終わり頃、日本であなたと一緒にいるのが見えるわ。」

私も今年、是非ジェニファーを日本に呼んで、セミナーとかシッティングの機会を設け、助けや癒しを必要としている方々の一助になればと考えていたのですが、本当に実現するかもしれませんね。

そのためには、このブログの認知度を高め、できるだけ沢山の方に読んでもらい、スピリチュアリズムに少しでも興味を持ってもらえればと思っています。

私も、仕事&家事&育児をしながら頑張ってブログを更新していきますので、皆さんも応援してくださいね。応援の仕方ですが、ブログをご訪問頂いた際、各記事の下、もしくはサイドバナーにあるブログランキングのアイコンクリックして頂けるとありがたいです。クリックして頂くと、ポイント制でランキングが上がる仕組みになっています。

ブログランキングは、多くの方々に読んで頂ければという思いで参加しており、ランキングの上位を確保することだけが目的では全くありません。

ランキングが上がれば、それだけより多くの、助けや癒しを必要としている方々の目に留まるようになりますので、ご協力を宜しくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ  

page top
ジェニファーからの新年のメッセージ
2009年 年頭メッセージ

あなたの心が完全に愛にたっぷりと満ち溢れますように。

そして、その愛を癒しとして世界中に送りましょう。

そうすることによって、エンジェル達を通じ愛が世界の隅々まで行き渡り、病んだ人々を助け、怒りを沈め、戦いを調停し、平和をもたらすことを知りましょう。

広い野原を想像してみましょう。一枚の個々の葉は見えませんが、何千もの葉が野原を作り上げているのです。

皆の愛に加わったあなたの愛は、地球全体を、神が創造した素晴らしい場所にもどしていくに違いありません。

太陽の光が降り注ぎ、花が咲き乱れ、川が流れ、小川がせせらぎ、人々の顔は幸せで笑顔に満ち、食は満たされ、そして安全な住居が、どんな国のいかなる人にでもある、そんな素晴らしい場所に・・・。

その時、あなたはかつて想像したこともないほど、エンジェルの存在をあり余るほどに心の中、また体の外にも身近に気づき、神の愛を感じるでしょう。

by ジェニファー・マッケンジー



できるだけ沢山の方に読んで頂きたいため、ランキングに参加しています。クリック毎にランキングがあがり、より多くの方に見て頂けるので、是非ともご協力お願いします。(ブログ管理人より)
ブログランキング・にほんブログ村へ  


© 幸せのスピリチュアル・レッスン . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。