イギリス人スピリチュアルカウンセラー ジェニファー・マッケンジーとより幸せな生き方を学ぶブログです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ジェニファーの啓示が意味するもの ?
私が一通り考えを告げるとジェニファーは、「それはいいアイデァね。」と賛成してくれました。そして、そう答えた瞬間、ジェニファーの腕に鳥肌が立ったのです。

ジェニファー曰く、鳥肌が立つのはスピリットガイドからの「それはよい方向だ。」、「またそれをしなさい。」、という確認のようなものだとのことだそうです。

さらに偶然にも、私達が食事を取っていたテーブルの二つ向こうに、4歳くらいの障害児を抱えた若い夫婦がいました。その子は突然奇声を上げだし、お父さんはその子のぐっと抱きしめ、耳元で何かを話すと段々と落ち着き静かになってきました。

ジェニファーはその家族を見て、「こういう場合、メッセージなのよ。」と私に言いました。

つまり、私が障害児や親の苦しみ悩み等を語ったときに、直ぐ近くにまさにそういった家族がいる・・・。偶然のような必然。

私はそれを聞いて、ひょっとして、こうしてジェニファーと共に何かをしていくことが私にとっての「何か」なのか?、とおぼろげながら私の方向性もわかったような気がしました。

しかし、ジェニファーを日本に呼び、こういったカウンセリングや講演会をしよう、と決めたまではいいのですが、実際問題私は日々の生活に追われ、何もできないまま何ヶ月も過ぎていきました。とはいえ、何もしていなかったのではありません。色々と情報を集めたりして、頭の中では構想を練っていました。

子供が2歳になり、ようやく夜も良く寝てくれるようになって、以前ほど手がかからなくなってきたので、少しずつ一日の生活に余裕が出てきました。

そこでようやくこのブログを立ち上げるに至ったのです。ブログは一般の人が、大衆を相手に情報発信できる現代のツールです。沢山の人に読んでもらい、スピリチュアルな関心を高め、そしてゆくゆくはジェニファーを日本に呼び、カウンセリングやヒーリング、そして講演会、講座などを開いていきたいと考えています。

もちろんこの世の中には、何も母親や子供を持つ人たちだけが悩みを持っているわけではないので、様々な方を対象としたイベントを考えています。

初めてまだ2週間しか経っておらず、記事も少ないのに関わらず、多くの方に訪問頂いています。もし、このブログをご覧になって、皆さんの生活のヒントになるようなことが書かれていて役に立ちそうだ、と思った方は、是非お知り合いの方にこのブログを勧めていただければと思います。

そして、できるだけ早くジェニファーの来日を実現させたいと考えています。

できるだけ沢山の方に読んで欲しいため、ブログランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
page top
ジェニファーの啓示が意味するもの ?
私とジェニファーがこのブログをはじめた経緯は、先の「はじめに」でお伝えしました。でも、なぜはじめたのかは具体的には長くなるので書きませんでした。

実は、ジェニファーは自身のスピリットガイドから、「日本へ行く。」というメッセージをもらっています。もちろん日本にあまり縁のない彼女が、そのような啓示をもらっていても、そう簡単に何も計画なしで来られるはずがありません。何か将来、日本に来る道がおのずと開かれていくことを意味します。

ちょうどジェニファーが昨年末に日本に来ていたとき、もう一人のイギリス人スピリチュアル・カウンセラー(男性)が日本に来ており、私はこの方にカウンセリングを受けました。この男性は、私が英国へ出張に出かけた折にいつも見てもらっていた方です。

その時のメッセージは、「なにかやるべき事が与えられる。」とのことでした。これは、私が育児一辺倒になっており、私が私らしくいるためには、何かをしていた方がいいとの理由からです。その時私の子供は1歳3ヶ月。離乳食も進まず、夜泣きはひどく、毎日私はヘロヘロになっていました。

その「何か」とは何か?

スピリチュアル・カウンセリングを受けたことがない方に簡単にご説明しますが、カウンセリングを受けて、スピリットガイドや亡くなった祖父母等から、将来に起こりうる事が伝えられることがあります。でも、具体的に告げられるわけではありません。全てを伝えてしまったら、今、この世で悩みながら努力をして生きる意味が全くないからです。なので、メッセージは曖昧。いつそうなるかも分らない。そして、それがどのようにそうなるのかもはっきりと分らない。でも、常に「あなたは大丈夫。」という暖かい励ましのメッセージであることは確かです。

このカウンセリングの後、ジェニファーと一日過ごす機会がありました。昼食をしているとき、私が「母親と子供を対象にした、スピリチュアル・カウンセリングを日本でしたらどうかしら。」とジェニファーに前から持っていたアイディアを話しました。

子供を授かってから、色々と考える事も多く、また育児で悩むこともあります。子供は大切な将来の人材。きちんと育てる義務が、親にはあります。しかし、親だとはいえ人間。完璧ではなく、子育ては常に試行錯誤です。うちの子供は健康ですが、世の中には障害児を授かった親もいる。そんな親はさぞかし私以上に悩む事が多いと思います。きっと他のお母さん達も、こういったスピリチュアルな目線でのアドバイスがあれば、きっと受けたいのではないか、と考えたからです。

次回に続く・・・・

できるだけ沢山の方に読んで欲しいため、ブログランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
page top
はじめに
はじめまして。
このブログは、イギリス人スピリチュアル・カウンセラーのジェニファー・マッケンジーとの共同ブログです。ジェニファーからのメッセージを皆さんに伝え、より楽しく幸せに人生を生きるお手伝いができればという思いで二人ではじめました。

ブログのタイトルにあるように、このブログはジェニファーによるスピリチュアルな観点での人生アドバイスです。 この世に生まれ生きていると、楽しいことばかりではありません。悩みがあったり、辛い事があったり、思い通りに事が進まなかったり、人生には色々な事が起きます。そんな時、このブログを読んで、生き方のヒントにして頂ければと考えています。

私がジェニファーに会ったのは、約3年前。出張先のロンドンで、英国スピリチュアル協会(SAGB)に行った時のことです。SAGBは、あの江原啓之さんがかつてスピリチュアリズムを学んだ場所。江原さんの本でSAGBの存在を知り、仕事の合間に予約を取り、シッティング(Sitting=一対一のカウンセリング)を受けてきました。

初めて受けたカウンセリングは、ジェニファーとは別のカウンセラーでしたが、あまりにも色々なことを言い当てられ、初めての経験で自分の中で消化できず、ロンドン滞在中再度予約をして行ってきました。その時にカウンセラーがジェニファーでした。

私が、「日本には、信頼できるカウンセラーがいなくて・・。」というと、ジェニファーは、「いるわよ。ほら日本人で、ここで勉強していた・・・」 私が、「江原さんですか?」と聞くと、「そうそう。」とジェニファー。私が、江原さんはテレビでブレイクして、とても一般人がカウンセリングを頼めるようなレベルにはもういないことを告げると、「へぇ。」とびっくりした様子でした。

彼女のカウンセリングスタイルは、オーラの色とその意味を伝え、また過去生についても言及するというものです。きっと江原さんは、こういったスタイルをSAGBで学んだのでしょう。

カウンセリングの最後にジェニファーは私に、「私の連絡先よ。」といって、プライベートな携帯電話番号まで書かれている名刺をくれました。こういったカウンセラーの方が、見ず知らずの人に名刺を渡すのかなぁ、と不思議に思ったものです。

昨年の年末、ジェニファーが日本に来ることを知って、もらった連絡先に連絡をとって、日本で会いました。その際、名刺のことを告げると、「私、普通は名刺を渡さないわよ。」。ジェニファー曰く、時々彼女のガイドスピリットが彼女に代わって行動を起こさせる事があるそうです。

この世に偶然はありません。私とジェニファーの出会いも、必然だったと思います。そして、このようなサイトを立ち上げ、皆さんにあちら側からの叡智をジェニファー、そしてジェニファーのスピリットガイドを通してお伝えできることに至ったのも、何か意味のあることだと考えています。

初めてこのようなサイトを立ち上げるので、全てが試行錯誤になりますが、皆さんからの質問も今後受けていくつもりです。ただ、このサイトに興味を持って頂ける方々が、安心してコメントできる、理解あるサイトにしたいので、他の方が不快に思われるような誹謗、中傷的なコメント等はこちらで削除させて頂きますので、予めご理解のほどお願いいたします。

沢山の方に呼んで頂きたいため、ブログランキングに参加しています。クリックしていって頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
© 幸せのスピリチュアル・レッスン . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。